福島県建設業新分野進出企業認定

福島県建設業新分野進出企業認定

 福島県では、建設業者の新分野進出に対する自己研鑽意欲の向上や新分野進出への取組み意欲を喚起するため『福島県新分野進出企業認定事業』を実施しています。 

  • 制度の概要
  • 認定を受けることのメリット
  • 認定までの流れ
  • ご準備いただく書類
  • 料金
  • お問合せ・ご相談

制度の概要

新分野進出を果たした福島県内の建設業者を認定する制度です。

■認定基準

次の3つの要件をすべて満たすことが必要です。

  • 建設業許可を受けた建設業者であること
  • 福島県内において新分野に進出し、事業を実施していること
  • 新分野で申請日まで主体的に事業を継続していること
  • 新分野事業の年間売上高が100万円以上であること(初年度では、その見込みがあること) 
  • 新たな労務が発生していること(土地賃貸業、駐車場業など雇用効果が極めて少ない事業は該当しません。)

 新分野とは…

 『日本標準産業分類』において「建設業」以外の大分類の業種区分の事業へ進出すること。

※土木建築サービス業に属する事業、風俗営業等の規制及び業務の適性か等に関する法律の規定に基づく規制の対象とされる事業を除きます。

新分野進出を果たしたとされる時期については、次のいずれかの時期とされます。

  • 新分野で実施する事業が定款に記載されたとき
  • 新分野進出のために会社など法人を設立したとき 
  • 新分野進出のため2者以上でグループをつくったとき
  • 新分野進出に係る事業を再開する場合にあっては、事業の再開が確認されたとき

認定を受けることのメリット

福島県建設業新分野進出企業認定を受けることで、次のメリットが生じます。

1.福島県が行う入札などで次のメリットがあります。
  また、福島県内市町村においても同様の取り扱いをする場合があります。

(1)福島県の建設工事等入札参加資格審査において主観点が加点されます。

    主観点数加算点 … 10点

(2)福島県が発注する公共工事の入札に導入される「総合評価方式」において、評価項目の一つになっています。

    総合評価方式(標準型・簡易型)評価項目 新分野進出 … 1.0点


2.福島県のホームページなどで掲載され、貴社の新分野進出への取組みが広く紹介されます。

 

3.福島県建設業新分野進出優良企業表彰事業の候補となり、応募する権利が生じます。

これらのメリットにより福島県内の多くの企業が認定を受けています。

▲このページのトップに戻る

無料ご相談・お問い合わせ

ページ上部へ戻る